おすすめサイト

美女Linux

  • 美女Linux
    美女Linuxコマンド版

    美女Linuxオフショット版

    美女Linuxバレンタイン版

    神戸美女Linuxコマンド版

    神戸美女Linuxオフショット版

    神戸からの応援メッセージ

最近のトラックバック

« 一般ユーザーがroot権限でコマンドを実行したい場合 その2 | トップページ | 一般ユーザー変更 »

一般ユーザー作成方法

■LPIC予想問題⇒りなっくま先生の1日1問 LPIC レベル1(101)予想問題
LPICレベル1の合格をめざそう!!

■管理人サイト⇒Linux初心者の基礎知識
Linuxを基礎から学ぼう!!

■Linux初心者の方対象⇒はじめてのLinux基礎講座

■Linux入門者の方対象⇒りなっくま先生のLinux超入門講座

今回は、コマンドでの一般ユーザー作成方法を説明します。

まずログインしましょう。そしてrootに昇格させます。

rootへの昇格方法は覚えていますか?

$ su -
もしくは
$ su

でしたね。
プロンプトも変化します($ ⇒ #)。

一般ユーザーとしてguest1ユーザーを作成します。

# useradd guest1

これでユーザーは作成されますが、
パスワードが設定されていません。
パスワードを設定するには、

# passwd guest1
Changing password for user guest1.
New password:                ← パスワードを入力
Retype new password:     ←  確認のため再度パスワードを入力   
passwd: all authentication tokens updated successfully.

/etc/passwdファイルでユーザーが作成されていることを
確認します。以下のように表示されれば問題ありません。

# cat /etc/passwd
guest1:x:501:501::/home/guest1:/bin/bash

« 一般ユーザーがroot権限でコマンドを実行したい場合 その2 | トップページ | 一般ユーザー変更 »

Linux」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一般ユーザー作成方法:

« 一般ユーザーがroot権限でコマンドを実行したい場合 その2 | トップページ | 一般ユーザー変更 »